伸びやかな大空間が心地よい平屋の家

富山県富山市 S様邸

150坪の広い土地を求め、2度目のマイホームを新築したSさん。「今度は隣家を気にしないでゆったりと暮らしたい」という要望を受け、敷地の広さを生かした平屋建築としました。外観は大屋根が美しく、重厚感ある佇まい。広い玄関フロアは正玄関と家族玄関に分け、車庫から直接入れるようにしました。居室は中庭を囲むように和室、ダイニングキッチン、リビングを配置。まるでリゾートホテルのような開放感、爽快感が漂っています。

家族構成 ご夫婦+お子様1
施工面積 約206㎡(約62坪)
工法 木造軸組工法
仕様 太陽光発電搭載(19.2kw)、全館床暖房敷設、長期優良住宅、耐震等級3、省令準耐火仕様

お客さまの声

結婚時に建てた家は狭く、結露に悩まされていました。この先、長く住むことを考えたらリフォームより建替えが得策だと思い、広い土地を求めて新築することにしました。そんな中でタカノ一条ホームさんは、全館床暖房、トリプルサッシなどの性能のレベルの高さに惹かれました。 こだわったのは外観と玄関。落ち着いた雰囲気に仕上げてもらいました。また和室、ダイニング、リビングは広いスペースをとり、コの字型に配置してもらいました。これまでの狭い、寒い、暗いといった不便が解消でき、とても満足しています。

営業担当者から一言

当初は2階建の計画でしたが、土地の広さを生かして平屋をご提案した所、格段にバランスが良くなり、S様のご希望に合うプランになりました。 外観はご主人のご要望で和洋折衷モダンの車庫組み込みタイプにしました。大屋根を強調した独特なデザインとなっています。リビングは約13帖の大空間、ダイニングは8帖まるごと勾配天井なので、非常にゆったりした空間になっています。床材は一般家庭には珍しい白ですが、この色を選んだことで非常にエレガントな内装となり、上質なシンプル&モダンを実現できたと思っています。

設計担当者から一言

太陽光発電を載せながら、屋根のラインは美しくしたい、勾配天井も欲しいというご要望を受けてプランがスタート。難しいご要望でしたが、平屋にして屋根の面積を大きくするという方向で進めていきました。正面は軒を低くして横のラインを強調したデザインの屋根、後ろは大容量太陽光を搭載した屋根、そして中央部は前後二つの屋根をつないでダイニングの勾配天井を実現するという3部構成にし、それぞれの屋根に役割を持たせました。平屋計画がうまく当てはまったと思います。

PageTop